2011年12月14日水曜日

素晴らしき片山ワールド!

 先週、お知らせしていた片山先生の個展がこの土日に開催されました。素晴らしい!この生き生きとした植物たちの美しさ!私は美しいものを見極める目は持っていると自負しています。寄せ植えの配色、花、野菜、多肉植物のバランス、どれをとっても秀逸です。この写真からも最高の状態でこの個展に臨んだ孤高の作り手のこだわりが痛いほど伝わってきます。しかし、片山先生はおっしゃいます。自分は素材屋だと。この個展では、最高の素材をお客様に提供する生産者として、このような楽しみ方もあるという一例を示しているだけだと。自分には勝負できるようなセンスはないし、そこで勝負するつもりもない。く〜っ!これだけの作品を制作しておきながらこのかたくなな姿勢。でも、だからこそ先生の作られる植物にますます魅力を感じるのでしょう。今回の個展を最後にされるともおっしゃられていますが、惜しいです。もったいないです。頑固者の気が変わるよう、いろいろ策を講じてみようと考えています。









0 件のコメント:

コメントを投稿